自分ビジネス

40代からの起業マーケティング

自分を売る 検索されるために実際に結果の出た方法とヒントをお伝えします。

お客さまからのアタリ(問い合わせや、反響など)が 少ないとしたら

集客やパソコン苦手なオーナーの味方おーちゃんです!

f:id:ochanclub:20170620095225j:plain

今日もスコールと

カンカン照りの繰り返しの

普天間基地の近くから書いております。

釣り

こんな天気を狙って魚釣りをしている方を見かけます。

魚釣りってじっくりみたことありますか?

もしくはやってみたことがあるでしょうか?

釣りもビジネスと同じで

釣れている方がいるかと思えば

全くアタリ(魚のつつき)さえない方がおられます。

f:id:ochanclub:20140713165740j:plain

釣れてる方に寄っていったら釣れる

と思ってらっしゃる方もいるようですが

そんなかんたんじゃないのです。

ただ、釣り針に餌を付けたら釣れる、

というものではありません。

まぁ、

そんな話は、釣り船に乗って沖に出たときだけです。

それは・・・

船頭さんが、下記のことを知っていて

教えてくれるし、道具も準備してくれるからなんです。

習性

今日は魚釣りに学んでみましょう。

魚を決めて狙って、習性を知り、

撒き餌(魚を集めるために巻くステ餌のこと)で集め

その魚の好む餌で釣るのです。

カンタンに言いましたが

実はこんな工程

狙いの魚はなにか?

その魚が釣りやすい季節は?

その魚が釣りやすいのは、朝か、昼か、夜間か?

満潮がいいのか?それとも干潮か?

砂浜か?岩礁か?もしくはパヤオか?

効果的に集める撒き餌はなにがいいか?

餌は何を好むか?

タナ

そして、タナです。

お目当ての魚がいる深さ(層)を

タナと言います。

釣り船の場合は熟練した船頭さんが

魚の習性を知り尽くし、そのタナの深さを教えてくれるので

ある程度、釣れるのです。

f:id:ochanclub:20170829130516j:plain

船を出して沖に出ても

間違ったタナに釣り糸を垂らしたとしたら・・・

お目当ての魚は釣れません・・・

f:id:ochanclub:20170829130730p:plain

今のお話を

ビジネスや集客に置き換えてみてはいかがでしょう?

狙いの魚はなにか? (ターゲットはだれか?)

その魚が釣りやすい季節は? (時期はいつか?)

その魚が釣りやすいのは、朝か、昼か、夜間か? (インターネットを見ている時間)

満潮がいいのか?それとも干潮か? (活動時間)

砂浜か?岩礁か?もしくはパヤオか? (活動する場所やよく見るSNSなど)

効果的に集める撒き餌はなにがいいか? (キャッチ・コピーやファーストエンド)

餌は何を好むか? (悩みを解決するバックエンドはなにか?)

などなどです。

f:id:ochanclub:20141105141736j:plain

お客さまからの、アタリ(問い合わせや、反響など)が

少ないとしたら・・・

もう一度考えてみるのも

いいかもしれませんね?

PS

稼ぐ力のセット アップ【昼の部】スモールビジネスが勝ち残るパターンを作る、わかる120分

では、あなたの強みやターゲットを明確にして 適切な集客ができるレジュメもお持ち帰りになれますよ。

リストを集めるすごいツール

集客とパソコン苦手なオーナーの味方おーちゃんです。

見込みさんをきちんと集められていますか?
 


見込み客は将来的に

あなたのお客さまに

なるかもしれない、

 

いわば
 
あなたのサービスに興味が


すこしでもある人達です。


セミナーをやるにしても、個人セッションをとるにしても
 


どこで宣伝したらいいのか?

という方は多いですが、


見込み客に対して告知することで


 
ものすごい効率で集客することができます。

 

 

 

 


 
 

 

さて、ではこの見込み客を

どうやってあつめるのか?


という点ですが
 
ステップメールやメルマガなどで

 

読者登録を募るというのが一般的です。

 

が、もっと気軽に

もっと簡単な方法もあるのです。

 


それも、そのシステムを一回構築したら


自動的に見込みさんを集めてくれるんです。

 


それは

 

無料診断

 

無料診断を上手に使うと

 

見込みさんの数は飛躍的に増えます。

 

無料診断については

 

長くなるので

 

 

明日のメルマガに投稿しますね。

 

f:id:ochanclub:20170427113652j:plain

ブログを使わない集客

集客とパソコン苦手なオーナーの味方おーちゃんです。

f:id:ochanclub:20170824202252j:plain

見込みリスト

個人で事業を営む方へ

どんな志事もビジネスも

とてもとても、大切にしている作業

それは・・・

「新規見込みさんの開拓」です。

世界のパナソニックでも、

あなたの町のサロンでも、

それは、同じです。

お客さまは増えることもありますし、

と、同時に減っても行きます。

ひとりでも多く

「大切なお客さま」

を増やすために

ありとあらゆる手段を用いていると思います。

ブログは大事

もちろん、ブログは重要な作業です。

それだけで、

圧倒的に集客

出来ていたなら安心です。

いろんな想定

しかし・・・

あらゆることを想定した場合、

あなたは

ブログを使わない集客法を

いくつご存知でしょうか?

10の方法ですか?

それとも20ですか?

と、きかれた場合、

どうでしょうか?

ブログを使わない集客法を数多く

知っていれば知っているほど集客は

「有利」です。

実践

さらに、

その中で実際に実践できそうな方法は

いくつありますか?

実践している

ブログを使わない集客法は

いくつありますか?

と、きかれた場合も実践している方法が

多い方ほど

集客も良好になると思います。

そんなこと言われたって・・・

わかんないよ~

ブログだけでいいの?

第一、ブログだけで精一杯って方に、

いや・・・そういう方だからこそ

考えてほしいんです。

それ以外の方法を

それを一緒に考えてみませんか?

www.reservestock.jp

でなら、セミナー参加者と一回

コンサルで一回有益な時間が持てます。

昨日の敵は、今日の客

集客とパソコン苦手なオーナーの味方沖縄のおーちゃんです!

今日は遅くなっちゃいましたね。

いやいや、本当に忙しくって

これをメタボ(迷多忙)って

いうんでしょうね・・・うふふ(^_-)-☆

 

 

f:id:ochanclub:20170612105209j:plain


ビジネスをされている方の

大きな悩みを教えて頂くと

 

「ライバル店」や「同業者」さん・・・

 

 

ライバル店さんや同業者さんの

 

動向が氣になるんです。

 

 

 

 

 


つまり・・・比較

ですね。

 

比べて優劣を決めて

そして・・・

 

敗けないために

 

「対抗」してしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

「出し抜く」ことばかり

考えてしまうんです。


それによって過酷な価格競争や

熾烈な過剰サービス合戦

という「無限地獄」に

巻き込まれていませんでしょうか?

 

 

 

 

 


が、よく考えてみてください。

もしかしてだけど~

もしかしてだけど~

同業者って

同じ悩みを抱えている

「戦友」かもしれません。

 

 

 

 

 

その「戦友」を味方に付ける方法を

考えて見てはいかがでしょうか?

 

「悩みある所にビジネスチャンスあり」って

 

名言があります。

 

もしかしたら、

 

「一番のお客さま」になる

可能性があります。

 


斎藤一人さんはよく

「天下無敵」って言葉を使います。

 

昔から言う「天下無敵」は

技を極め誰一人立ち向かうものがいなくなる。

 

ってことを意味していたようなのですが・・・・

 

斎藤一人さんの仰られる

「天下無敵」は、

無論敵はいないのですが、。

 

「敵じゃなく、味方ばかりにする」

 

そうすりゃ「天下無敵」だろう、

 

と仰るんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まさに・・・その通りです。

味方、ス・テ・キな響きですね。

 

 

 

 

聞いた話なのですが、

アメリカのある農家さんは

毎年素晴らしいとうもろこしを

生産されて、表彰されるんですが、

その「タネ」を必ず

周りの農家さんにも配るのだそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


えっ「敵に塩をおくるの?」って

考えるかも知れません。

 

 

 

でも、その方が仰られるには

「畑はつながっている、

周りからも花粉は飛んでくる

 

 

そしたら、自分一人頑張ったって

 

100%いいとうもろこしは

 

出来ないだろ」って

 

 

 

 

 

 

 


わわわ~

考えたらそうですね。

 


「自分だけ」

「自分の店だけ」って視点から離れてみて

もっと大きな視野を広げてみると

 

 

 

 

 

 

 


ス・テ・キなチャンスが

訪れるかもしれません。

夢を最短で叶えるならこのチカラを磨いていこう

集客とパソコン苦手なオーナーの味方

沖縄のおーちゃんです!

 

人が生きていくには
コミュニケーションが大事

 

っていうけど、

私達個人事業者は

尚更それを求められます。

 

 


わたしって人と会うのが苦手なのよね。

 

なんて言わないで一緒に考えてみましょう。

 

 

 


そもそも
人は、なぜ、

人と交わるのでしょう?

 


一人で生きていくというのは、


どんな人間にとっても、

実は苦痛を伴います。

 

 

 

 

 


たまに、人に裏切られたり失恋などで


人と関わりあいたくない時もありますが


本来人間は他人との関わりを本能的に求めます。

 

 

 

 

安心したい
共有したい

人間だけの本能には、


他人と関わりあい、


お互いを大事にするというプログラムが、


最初から組み込まれています。

 


そして
実際に人間が地球上で生きていくには、


他人と力を合わせたほうがよりよく生きられます。

 

 

 

 


私たちは
この世に自分の目的を達成する


という志命があります。

 

ひとりでも仲間を増やす

ひとりでも多くの方に応援してもらう

 

のも

 


人生の目的のひとつではないでしょうか?

 

 

 

 

それも、多くの味方がいれば


より易く達成できます。

 

 

 

 

多くの味方、応援者がいれば

どんな状況も乗り切れます。

 

 

 

 

つまり、コミュニケーション能力とは、


この世に送られた時からの志命の一つ。

 

 

 

 

 

夢を達成する強力なエンジンです!

 

もちろん言葉を発するだけではなく


文章でもすてきなコミュニケーションがとれます。

 

 

 

 


ぜひぜひ、その能力に磨きをかけ

 

応援者を増やしていきましょう。

メールマガジンって効果あるの?

集客とパソコン苦手なオーナーの味方おーちゃんです!

メールマガジン

f:id:ochanclub:20170822092851j:plain

疑問

ブログ書いてるけど、

ダイレクトメールも送ってるけど

 

チラシも配布して

お客さまそこそこに入ってるんです。

 

 

 


メールマガジン(以後メルマガ)って必要かな?

 

なんて質問をよく受けます。

 

 

だけど将来は?・・・

はい、

 

それでお客様がいっぱい来られてるんでしたら

 

書かなくても良いと想います。

 

 


が・・・

 

 

 


もしかして・・・

 


数年後はどうでしょうか?

 


競合他社は現れないんでしょうか?

 

 

勝ち残る起業

 


ある統計ですが、

顧客維持率が高い企業ほど、

 

利益水準は高い傾向にある、

というデータがあります。


つまり、お客さまってある一定の割合で離れていきます。

それをいかに引き止めて、お客さまからファンにするか?

 

ファンになるとなかなか離れていかないですよね。

 

 


お客さまの離反率を減らす

という意味でも

メルマガって

多大な効果を発揮します。

 

 

こんなメリットが

 

ではまず、「メルマガ」

の特徴を理解しましょう。

 

 

実店舗を運用していると、

例えば、

来店したお客様に

次回も来店いただくためにDMを作成、となると

 


まずデザインをおこして、

印刷かけて、配布をする・・・・

 

 

 

時間も費用もばかになりません。

 

 

 

しかし、メルマガであれば、

構成を考え、

メルマガを作成し、

配信先を選び・・・

 

 

 

とても簡単・スピーディーに配信が可能です。

 


そのため、DMなどの郵送物にくらべ、

 

 

リアルタイムでの告知が可能となります。

 

 

 

○○日にSALEをしようと思っていたら、

 

何日も前からDMを送る準備が必要ですが、

 

メルマガの場合は

数時間単位での告知もできるようになります。

 

(例: 「SALE価格残り○○時間!」という告知も可能。)

 

(例: 「限定商品残り○○個!」
メールにての予約も可能という告知もオッケー。)

 

 

 

費用もかかりませんし、


リアルタイムでのやりとりも可能です。

 

メルマガを発行する方法


それに・・・

 

 

メルマガって意外に簡単に配信できるんですよ。

 

 

・えっ、どうやったらいいの?

 

・ブログは書いてるけどメルマガって何を書けばいいのかわからない?

 


・メルマガ書く意味とメリットをもう一度教えて?


って方は


お問い合わせ下さいませ。

 

f:id:ochanclub:20170331120140p:plain


お問い合わせですから無料でお応えしますよ。

 

実は、意外に知らないメルマガのメリットや

こんな使い方があったんだぁっ

ってことも

メルマガ講座では教えています!

 

f:id:ochanclub:20170406113107p:plain

フェイスブックページを作る7つのメリットを検証してみる。

集客とパソコン苦手なオーナーの味方おーちゃんです!

あなたはお客様と交流するための場所を持っていますか?

集客やビジネスでフェイスブックを使ってらっしゃる方は多いと思います。

どんな風にフェイスブックと付き合っていますか?

 

 

f:id:ochanclub:20170821091749j:plain

ルール

フェイスブックの個人のアカウントって

個人が友達や知り合いと交流するための場所です。

お客さまと交流するために不可欠なのが

フェイスブックページ

フェイスブックページは

ビジネスオーナーや企業、ブランドがお客さまと交流する場所。


フェイスブックの個人アカウントでは本名での登録が必須であり、

企業名や店名、芸名などでの登録は出来ません。

www.facebook.com

 もし個人アカウントで本名以外の登録を行うと規約違反となり

アカウントを削除されてしまうこともあります。

フェイスブックページでは企業名やブランド名での登録が可能です。

 

 

フェイスブックページとは

さらにFacebookページは複数人で管理出来たり、

広告を出したり、さらには解析機能を利用することが可能。


世界でいちばん大きなコミュニティに
強力なホームページをなんと、

無料で所有できちゃうんです!


ビジネスとして利用する際に
Facebookページをつかっていない
なんてとてつもない損失です。




フェイスブックページ7つのメリット

 

ではなぜFacebookページを使ったほうがいいのか?

メリットを上げてみますね。

 

 

 

1.なんてったって世界一のソーシャルメディアフェイスブック

 

世界中のユーザーへアピールできるページ開設を

無料で行えるのは大きなメリット。

 

 

 

2.Googleに検索される上に、拡散力が強い!


唯一、フェイスブックの機能の中で検索にも強く
ユーザーじゃない方も閲覧できるのは
フェイスブックページの強みです。

 

 

 

3.お客さまが興味本位で登録ができてハードルが低い。

登録というような重たいもんでもなく
「いいね!」を一回押すだけで情報が見れて
不要になれば「いいね!」解除をするだけ。

友達のように重たくはないのでハードルが低い。

 

 

 

 

4.投稿がかんたん

ホームページのようなわずらわしさがありません。
フェイスブックが使えるかたであれば
出先でも、スマホでもカンタンに投稿や対応ができます。
だから、お問いあわせがあっても瞬時に対応できちゃう。

 

 

 

 

5.メルマガのような使い方ができる。

メールマガジンって登録するのが面倒でちょっとおっくうになっちゃう。
フェイスブックページならそんな障害もなく、
繰り返しお客さまに配信できちゃう。

 

 

 

6.企業やとユーザーとのコミュニケーションが取りやすい。

この商品もうちょっとしりたいな~って思ったことありませんか?
そんなときにホームページのお問合わせっていろんな記入項目もあり
めんどくさくてやりにくいもの。

その点、フェイスブックページは
気軽にメッセージ機能でお問いあわせができます。
(もちろん、メッセージ機能で支払いも請求できます)

 

 

 

7.カンタンにユーザーさんの分析ができちゃう。

フェイスブックページには、インサイト機能ってやつがあります。
これは何かって言うと、こんなことが調べられちゃう。

1.性別や年代などのファンの属性

2.各投稿の表示数やいいね!

3.シェアの数

4.リーチした数

というような投稿に対する反響やユーザー属性などを
なにか特別な解析ツールなどを利用しなくても、
フェイスブックページを利用しているなら無料で誰でも利用することができます。

と、いうことは

得られた分析結果を元に
どのような投稿がユーザーに好まれるのかなどを知る事ができ
今後のビジネスの情報発信に利用することができます。

 

 

f:id:ochanclub:20170821094625j:plain

使わないメリットがないんです!

 

 

いかがでしたか?
フェイスブックページって

SEO(検索性)や拡散力がめっちゃ強い上に無料で運用できる。

 

ユーザーさんのためになる良質な情報をカンタンに継続的に配信できて

 

企業と一般人というような壁のあるものではなく


人間的なコミュニケーションを取ることで

 

ファンの取り込みや安定した集客を実現できちゃう。

 

 

追伸


特にスモールビジネスやオリヂナル性の求められる個人起業では
フェイスブックページって必要なアイテムです。


特に初期投資が難しい個人起業では
限られた予算の中で最大の効果を出すことができます。



もしも、フェイスブックページの効果的な作り方と

運営法が知りたい方はこちらからお願いします。


SkypeやZOOMでも対応していますよ。
↓↓↓

パソコン苦手なオーナーの味方facebookページ

 

ブログ記事の中にプロっぽく表を入れてみませんか?

集客やパソコン苦手なオーナーの味方沖縄のおーちゃんです!

 

ブログを書いていると他の方のブログもよく読みますよね。

 

記事の中にイベントや お知らせをするために

 

「表」を入れてるのは よく見かけると思うんです。

表を入れてみるのも見やすく理解しやすいケースがあります。

f:id:ochanclub:20170808072721j:plain

 

こんな感じで

 

★枠を記入a1 ★本文を記入b1
★枠を記入a2 ★本文を記入b2
★枠を記入a3 ★本文を記入b3
★枠を記入a4 ★本文を記入b4

 

 

 

 

 

 

なんて、感じで記事に入れてみませんか?

その方法はとてもカンタンです。

ブログを書くときにHTML表示にして下さい。

f:id:ochanclub:20170820060459p:plain


そしてこの枠内の<table border・・・から

</table><br><br>までを貼り付けるだけです。

 

<table border="3" align="left"><tbody><tr><th bgcolor="#b0c4de" align=center>枠を記入a1</th><td>★本文を記入b1</td></tr><tr><th bgcolor="#b0c4de" align=center>★枠を記入a2</th><td>★本文を記入b2</td>
</tr><tr><th bgcolor="#b0c4de" align=center>★枠を記入a3</th><td> ★本文を記入b3</td>
</tr><tr><th bgcolor="#b0c4de" align=center>★枠を記入a4</th><td>★本文を記入b4</a></td></tr></tbody></table><br>
<br>

 

そしてプレビューで確認してみて下さい。

★印のところを自分の好きなように書き換えれば

バッチリです!

 

もし枠の下地の色を書き換えたい場合は

#b0c4de の部分を自分の好きな色に張り替えて下さいね。


名前  おーちゃん
職業  メンタルから変われるビジネスプロデュース
年齢  あの方と一緒です
好きなタイプ  Homeopathyひさとちゃん



 

 

 

 

色見本はこのブログのサイドバーにも貼ってありますが

こちらから選べます。

www.colordic.org
画像講座ブログ講座でも

枠や色の使い方をお伝えしますよ~

 

メルマガもコミュニケーションを大切にしたい!システムに頼り過ぎちゃだめです。

集客苦手パソコン苦手なオーナーの味方沖縄のおーちゃんです!


20人ほど読者さんがいて

メルマガを配信してるんですが

開封率がだんだんと

落ちてきて
メルマガ配信解除も出ちゃったんです。


どうしたら、いいの?

なんて、質問があります。

 

 

 

メルマガを配信する以上
配信解除

は日常茶飯事で
どうしようもないこと、

いちいち、氣にしていては仕方がないのです。

 


それよりもそうなる前に
やっておいてほしいことがあります。

 

 

それは・・・・・


メルマガだけど、
メルマガ配信スタンドに依存しない

心配りです!

 

 

ん、それってどういうこと???

 

 

それは、メルマガを始めたばっかりの方が

忘れてしまうコミュニケーション

 

 

メルマガって
そもそもお客様とコミュニケーションを取る手段です。

 

それをシステムだけに任せてしまって


冷たく他人行儀になっていないでしょうか?

 

 


大勢に一斉に配信できるメルマガ
でも・・・

 

 

大勢に送るダイレクトメールと

たったひとりに送る手書きのはがき

 

どっちを先に読むか?
と言われたら、


多くの方が

自分に送られた送る手書きのはがき

と答えます。

 

 

 

 

ちょっと想像してみてください。

 

 


せっかく自分に興味を持っていただいて

メルマガに登録していただいた方なのです。

 


もしも読者さんが20人程度であれば


定期で一斉配信のメルマガの他に

 


心のこもったメールを送ってみてはいかがでしょう?

 

 

きっと、うれしいと思います。

 


もちろん、メルマガ読者さんが増えて

何百人にも
なったらできなくなるかもしれません。

 

 

でも今は、少ないからこそ
出来る心配りもあるはず。

 

 


システムに依存しない心配り

それこそが、
どんなメルマガ配信スタンドにするか?

よりも大事にしていきたい

お客様との架け橋です!

 

フェイスブックは両刃の剣なんくるならんよ

集客とパソコン苦手なオーナーの味方おーちゃんです!

f:id:ochanclub:20110311064054j:plain

フェイスブックってすごいんです。

今、何をやっているかが分かって、

ある程度リアルに近い

お互いを交流し合える。

でも・・・

反面、

ある意味、近すぎて

窮屈になる方もおられます。

ボクの周りでは

アカウントを2つ以上持っている女性も多いです。

①会社用(会社で作らされたアカウント)

②プライベートその1(本当のお友達用)

③別れた恋人や夫が知っているアカウント

事実上離婚しても

ブロックできない方も多いんです。

えっ、なぜって?

ブロックされても相手も

別アカウントを作って

見てるんです(怖ぁ~)

大学生もフェイスブックアカウントを解除したり

偽名でアカウントが増えていたりするんです

それは・・・

面接先の担当官が

ネットで調べたりするから

なんですってぇ~

これもこわぁ~い

勘違いビジネス

さらに、商売をされている方で

お友達全員の投稿を確認して

読んでもいないのに2時間もかけて

「いいね!」を

押してらっしゃる方もおられます。 (それを営業だと思っているんですね)

最近はそれがストレスって方も

ご相談に見えましたが・・・

そんなコトするより、

ブログか、メルマガ書いたほうがいいですよね~

メリットも大きい

でもね・・・

フェイスブックはすごいんです。

グループを作って

連絡網にしたり (メーリングリストよりも早くてリアル)

写真やデータが沢山送れたり

こういうブログと連携したり

使い方によっては

すごいいい面もたくさんあるんですよ。

だから、だから、

ルールやマナーをしっかり守って

使い方を工夫すれば

人生のステキな演出を

してくれるかもしれませんね。

これ読んでみましたか?

ちなみに私おーちゃん、そのことで

本も書いているんですよ~

あっ、それはフェイスブックを良くしたい

フェイスブック仲間とコラボして書きました。

良かったら読んで下さいね

なんくるならんよ、フェイスブック Facebook沖縄ユーザーグループ

なんくるならんよ、フェイスブック Facebook沖縄ユーザーグループ