起業女子
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダントツプロデュース沖縄 パソコン苦手も初心者もネット集客してみよう!

知名度アップコンサルタント 沖縄のおーちゃんです!

これがないと起業できません。

知名度アップコンサルタントのおーちゃんです!

 

自信をつけるには

 

f:id:ochanclub:20170311083059j:plain


ある美容室があり、 繁盛していく過程があるんですが。

 

 

1,口コミや評判が拡がる ↓

2,お客様がたくさん来る ↓

3,美容室として自信がつく ↓

4余裕ができて、サービスの幅が広がる ↓

また、1,へ戻り口コミや評判が拡がる。

 

 という、サイクルでうまく行っていく、

 

また、このサイクルなしでは

 

うまくいく行程が作れない。

 

という事実が有ります。

 

このサイクルの中で たったひとつ

 

 

、他者の力を借りずに

 

自分が自由に操作できるところがあるんですが、

 

分かりますか?

 

 

そう、答えは

 

 

3番

 

 

1 と 2 と 4 は

 

お客様 という他者が

協力して頂いてはじめてうまく作用します。

 

お金というエネルギーも 必要になってきます。

 

そう、 

 

自信 

 

ですよね・・・

 

ボクたちって 自信がついたら◯◯やります。

 

自信が付いたら独立します。

 

なんていう言葉をよく聞きますよね。

 

っていうか、自信ってなんでしょうか?

 

美容室として 技術を褒められることでしょうか?

 

サービスを褒められることでしょうか?

 

 

 

 

 

どちらも

 

 

「正解」

 

 

だと思います。が どうでしょうか?

 

美容室として お客様に責任が取れる

 

ってことも

 

「自信」

 

なんじゃないでしょうか?

 

お客様に対して責任を取る。

 

「お客様」がより良くなることに集中し、

 

たとえ、その時に自分が行ったことが

 

「お客様」にとって不本意だったとしても

 

自分の取れる最善を尽くし

もう一度来店頂き

 

少しでもお客様により良くなって頂く。

 

これって 責められる行為ではないですよね。

 

むしろ、人としても 商売人としても

 

「素敵な行為」です。

 

 

 

自信が無い

 

 

というような方は お客様に対して

 

責任をとるっていう

自信

少しづつ始めたらどうでしょうか?