自分ビジネス

40代からの起業マーケティング

自分を売る 検索されるために実際に結果の出た方法とヒントをお伝えします。

売上が上がらない人がかかっている「フロントエンドシンドローム」から抜け出しませんか?

集客やパソコン苦手なオーナーのみかたおーちゃんです!


売上が安定して稼げている方がいる一方、お客様はいる様子なのに
売上が上がらず、いつも苦しそうな方、がいます。

なぜ?その違いは一体、なんでしょうか?



一つはターゲットを絞りきれていないこと
今日はターゲットのことは書きません。
それは、長くなるのでいつか、長文で書きますね。



二つ目は、売れてない人ってフロントエンドとバックエンドを知らない
って言う特徴を持っています。

ん?フロントエンドってなに?

バックエンドって?

 

 



それは、カンタンに話すとこんな感じです。

デパートの地下などで食料品を売っていますね。

その時の試食がフロントエンドで
買ってもらいたい商品が、バックエンドです!




たとえば、1本5000円の新巻鮭を売りたいとします。

その時にいきなり買ってはいただけないので、小さく切って
試食していただき、納得いただけたら買ってもらう。
という感じです。



だから、スポーツジムなどは体験会、見学会など
保育園や塾などでも1日体験入学、なんてのがあるわけです。


(TVやラジオで宣伝してる借金、過払い金の
アディ○○法律事務所の相談無料もフロントエンド)


フロントエンドとは、本当に買っていただきたい商品への入り口

バックエンドって実際に売りたい高額商品のことです!


売れていない人の特徴はバックエンドを決めていない。
バックエンドがないから、フロントエンドだけで稼ごうとする。
だから、いつまでたっても、
他店との価格競争や過剰サービスの嵐に巻き込まれてばかり。


実際にこんな現象が起きています。
フリーペーパーって見たことあるでしょうか?



そう、コンビニやガソリンスタンドにおいてある

アレです・・・


アレを見ると、セラピストさんやカウンセラーさん
はては、整体師さんまで、
みんな似通った「価格」が付いていませんか?



30分3000円の 60分5000円とか、6000円とか。
あれを売る、ためにフリーペーパーを出し、
あれで、終わってるんです。




一体、60分5000円で何人来れば、収入が上がるのでしょうか?

60分5000円のお客様が仮に30人毎月来たとします。
売上は
5000円×30人=150000円です。

でも、その中のお二人が、
年間スペシャルチケット100000円を購入いただいたとしたら
100000円×2人=200000円
月間売上は、
150000円+200000円=350000円
になります。




バックエンドが決まると
自然とフロントエンドも決まり
誘致するための行動も分かります。
安心、安定の経営が始まります。

だから・・・

売れるのは当然なんです。

 

 


そうは言ってもなぁ・・・
バックエンドなんてどうやって決めればいいの?

って時は一度、お問合せくださいね

集客やPCの助っ人おーちゃんこと大田裕 おーちゃん パソコン苦手な個人事業者のお問い合わせコーナー

今週のお題「好きなアイス」